【ガン】の発生について、2015年、身体の部位別予測として発表がされていました。


まずは、男女別にて。

順位 男性 女性
前立腺 乳房(乳ガン)
大腸
大腸
肝臓 子宮
食道 膵臓(すい臓)
腎臓・尿路 肝臓
膵臓(すい臓) 悪性リンパ腫
悪性リンパ腫 甲状腺
10 膀胱 皮膚
11 胆嚢(胆のう)・胆管 胆嚢(胆のう)・胆管
12 口腔・咽頭 卵巣
13 皮膚 腎臓・尿路
14 白血病 口腔・咽頭
15 甲状腺 白血病
16 咽頭 膀胱




続いて男女合わせた部位別予測です。

順位 男女計
大腸ガン
肺ガン
胃ガン
前立腺ガン
乳ガン(乳房)
肝臓ガン
膵臓(すい臓)ガン
子宮ガン
悪性リンパ腫
10 腎臓ガン
11 胆嚢(胆のう)・胆管ガン
12 皮膚ガン
13 食道ガン
14 膀胱ガン
15 口腔・咽頭ガン
16 甲状腺ガン
17 白血病
18 卵巣ガン



こうして部位別に見ても、【肝臓ガン】は高い位置にあると言えますね。

肝臓がんに限らずですが、元末期がん患者として強く思います。
がんは何より、早期発見・早期治療が肝心です。ちょっとでも『?』と感じたら面倒臭がらずに病院へ行って診察を受けるようにしましょう。

早期発見のため早期の診察を:元末期ガン患者の経験